ブレイブ(BRAVE)|保育士、幼稚園教諭の派遣・転職 お仕事内容 | サービス紹介

保育士、幼稚園教諭の派遣・転職 お仕事内容

「子どもが好きで、子どもに携わる仕事をしたい」そんな学生たちのあこがれの仕事といえば保育士と幼稚園教諭です。なりたい職業ランキングで、必ずといっていいほど上位に入っています。実は、保育士と幼稚園教諭の資格は、大学や短大、専門学校などを卒業すれば取得可能ということもあり、両方の資格をもっている人もたくさんいます。しかし、仕事の内容は、似ているようで、大きく異なっています。特徴的な違いとして「預かる子どもの年齢と、施設内での活動の違い」があります。保育園では0歳児〜6歳児までを預かりますが、幼稚園では3歳〜6歳の子どもを預かります。保育園の目的は文字通り子どもを「保育」することで、食事や着替えや排泄といった日常生活の補助を行い、生活習慣を身に付けるお手伝いをすることが主な仕事になります。子どもが好きであれば、毎日がとても充実する仕事になるでしょう。若いときは体力を活かして本気で取り組み、結婚、出産を経てからは子育て経験を活かして働くことが出来ます

保育士・幼稚園教諭の仕事内容を簡単に理解する

「保育士」と「幼稚園教諭」は、どちらも子供を預かるという仕事柄、同じような仕事と思われがちですが、その特徴は違うものになります。保育園は厚生労働省の管轄です。保育園は日中に保育ができない保護者が子どもを預けるところであり、保育士は保護者の代わりに日常生活の援助や、保育を行います。幼稚園は文部科学省の管轄になり、一つの「学校」という分類になります。そのため、必要とされる免許も「教員免許」になります。幼稚園の主な目的は教育であり、例えば音楽や体操、芸術などに特化した施設もあります。また、幼稚園には、夏休みや冬休みのような長期休暇があるのも特徴です。

保育士と幼稚園教諭の違い

保育園と幼稚園は、施設区分、管轄、対象年齢、保育時間、給食、保育料が大きく異なります。特徴的な違いとして「預かる子どもの年齢と教育内容」があります。保育園では0歳児〜6歳児までを預かりますが、幼稚園では3歳〜6歳の子どもを預かります。保育園の目的は文字通り子どもを「保育」することで、食事や着替えや排泄といった日常生活の補助を行い、生活習慣を身に付けるお手伝いをすることが主な仕事になります。幼稚園の目的は「教育」です、一般的な知識や、運動、芸術を介した情操教育主体の設定保育が主なお仕事です。保育園は、乳児や幼児を預かるという性質上、長時間保育となり、長期の休みは基本的にありません。幼稚園教諭は、年少・年中・年長のいずれかのクラスを担任します。また、幼稚園は固定勤務が多く、夏休み期間などは職員も休みになる園もあります。とはいえ、最近では保育園によって固定勤務や長期休みを取得できるところもあったり、幼稚園でも長時間保育に対応したシフト制を取り入れている施設もあります。保育士も幼稚園教諭も経験を重ねることで年齢別保育の専門性が高くなります。また、保育士も幼稚園教諭も他の職業に比べると給与水準は低いといわれますが、どちらも園の経営状態や規模によって給与に差があるのが特徴です。

保育士の仕事内容の詳細を知る

仕事内容詳細
保育士の仕事は、単純に子どもを預かって身の回りのお世話をするだけではなく、子どもたちの生活全般のお世話をしながら、心身の発達を促し、社会性を養うこと。そして、食事や睡眠、排せつ、衣服の着脱など、暮らしに必要な生活習慣を身につけさせることです。また、保育士は全ての子どもの健康状態、行動などをいつでもチェックしなければなりません。身の回りの世話をはじめ、子どもが求めていることに適切な形で応えなければならないのですが、これには子どもの気持ちを理解することが必要不可欠です。保育園は子どもにとって社会生活の場となります。遊びや簡単な共同作業などを介して社会性を教えることも仕事の一つです。また、地域住民とのふれあいを通じて、社会性を養わせることも可能です。この年代の子供たちにとって、遊びは心身の健康的な発達に欠かせないものです。遊びを通じた心身の発達を促すために、事故などを未然に防ぐために常に子どもたちの行動をいつも見守り、適切な対応をしなければなりません。

保育施設の種類
・認可保育園(正式には保育所)認可保育園とは国が定めた基準(施設の広さ・職員数・設備・防災管理・衛生管理等)を満たし各都道府県知事に認可された保育園。
・認証保育園 東京独自の制度。大都市では、従来の国の基準(認可保育園の設置基準)をクリアできず保育園の設置が難しい状況があり、それを解決する為に大都市の特性に合った認証保育園ができました。株式会社をはじめとした多くの企業が参入し、様々な保育ニーズに応えられるようになりました。
・事業所保育所 事業所保育所は、企業が従業員のために併設した保育施設になります。企業が単独で運営しているところもあれば、複数の企業で共同経営している場合もあります。利用者も従業員に限るところもあれば、その近隣地域に住む方や近隣企業で働く方も対象としているところもあります。
・院内保育所 院内保育所は病院に勤務する医師や看護師、その他の職員が利用する保育施設です。少人数制であるところが多く、ゆっくり、じっくりと保育ができる環境になります。また、仮に子供の具合が悪くなったり怪我をしたとしても、保育所が病院内または近隣にあるため、看てもらいやすい環境にあります。イベントや行事も少ない為、残業や持ち帰りも少ないようです。
・無認可保育園(認可外保育園) 国が定めた基準は満たしていない保育施設となりますが、無認可保育園には様々な保育ニーズに応えた保育園が数多くあります。(ベビーホテル、企業内院内保育所など)
・認定こども園(幼保一体型) 平成18年に設けられた幼保一体化を目指した制度。 幼保連携方・幼稚園型・保育所型・地方裁量型と4タイプあります。幼稚園と保育園で入園を迷う方がたくさんいる現状で、その悩みを今後解消しえるのが認定こども園とも言われています。

保育士のお仕事のやりがい

子どもの成長に関われることは、やりがいの一つになります。まだ言葉も話さない乳児の頃からお世話をしたたくさんの子どもたちが成長していく姿を一番そばで見守り、関われる楽しさは大きな魅力です。また、子どもならではの視点に新たな発見もあるかもしれません。他にも、雇用形態がさまざまであるという魅力もあります。家庭の事情や健康上の理由などで長時間の勤務が難しい場合、契約社員、派遣社員、パートという形で保育士を続けることが可能です。正規雇用以外の形態で働く場合は残業や休日出勤がかなり免除されます。正規の保育士に比べて補助的な仕事が多くなります(園によってはクラスの主要な仕事を任せてもらえることもある)。また、保育士が活躍する現場は保育園だけではありません。 放課後児童福祉員、児童福祉施設でも保育士資格は重宝されますし、活躍できる場所の多さも保育士の魅力です。

保育士さんの 1 日のスケジュール(例)

受け入れ準備 /
掃除や施設などの準備、7時ごろから開園する園が多いようです。

園児登園 /
園児たちの登園時間は違いますが、体調などをチェックして迎えます。

午前中の活動 /
保育活動を行います。園庭遊びや、近所のお散歩にも出かけたりします。

昼食(給食) /
年齢によって、昼食の介助が必要となります。

午睡 /
お昼寝の寝かしつけを行います。午睡の間に個人の連絡帳を書きます。保育士間の会議などを行うこともあります。

おやつ /
おやつの介助を行います。

午後の活動 /
午後の活動を行いながら降園する園児のお見送り。この時、その日の出来事を報告したりして、保護者とのコミュニケーションをとります。掃除、準備、伝達など 保育園は開園時間が長く、乳幼児クラスは複数担任制であるため、伝達事項はしっかりと伝えることが大切です。